ツーリング時の撮影について

バイクを買いました。
このブログを設定してくれた友人と休みの日にタイミングを合わせてツーリングに行っています。

ということで、今回はツーリング時の状況とか色々撮影できたらいいなぁと思ったので。
友人がアクションカメラを使って撮影してくれていますが、如何せん録音が難しいらしくカメラなのかどこに問題があるのか、音ズレするらしい。

ということで、他人に任せるのではなく自分で状況を残せないかと考えたので調べた、ツーリング時の撮影方法について。
何を変えばいいとかいう話ではないので。どう考えるかという話です。

  • アクションカメラ
  • 360度カメラ
  • 代案

アクションカメラについて

こういうやつですね。

twin_banner

50,000円とかしますが、Amazon`s Choiceで5,000円のものとか出していたりします。

アクションカメラが大量に出てきたので安いのも増えた感じですね。必然。

メリットはもちろん安いところ。安いゆえに様々な扱いやすさが出てきます。

  • 壊れても買い換えられる
  • 気に入らなかったら違うものにできる
  • 手軽に始められる

あげればキリがありません。安いことは正義。
デメリットは安いために出てくる影響もありますが、それは月並みなので。

  • 安いので継続できない(コンコルド効果か、よくわからないけどそれ系の影響)
  • 撮影された構図がYoutubeとかで散々見るものになる

特に気になるのは後者。大量にYoutubeにあるのと同じ画角だと、見ててもあんまり面白くないのかなと思い。
それは同じもの嫌いな私だけかもしれませんが。


360度カメラについて

こういったやつですね。360度全周撮影できるタイプです。
流石のAmazonでも上記のアクションカメラのような安いのは出てこず、RicohのTHETAとか、
クラウドファンディングのFITT360PBとか、安くても30,000円以上するのが基本ですね。

メリットは正直そのまんまアクションカメラのデメリットが来るかと。
他の方がまだ利用していないものを使うという楽しさはありそうです。すでに360度カメラは増えているのでそれも徐々に無くなってくるでしょうが。
まだ見慣れないものというのは面白さがあります。

デメリットは使っていないので想像ですが、あまりないように見えます。
Insta360 One X2とかカメラネジ穴ついているのでそこまで装着に困らないだろうし。
比較動画見ると手振れ補正とか普通にアクションカメラ並み、それ以上でもあるので。
運用面が若干ややこしく、また手間もありそうなのでそこが難点と言えば難点かと。
一言で言えば、新しいものに抵抗なく時間かけて触れられるなら気にならない。な気がします。


相当前からですが飽食の時代になっている昨今、体験系に費用や時間を使うことが増えています。
モノ消費という過去があり、コト消費に移行し、現在はトキ消費というらしいですね。
スポーツやイベントであったり、その場にいる人など。
その場限りの人、体験、場所をいった、非再現性を求めているのかもしれません。
そうなるとより映像を空間的に保存できる360度カメラが面白いと感じるのは必然ですね。


代案

と、アクションカメラと360度カメラで撮影した時のことを考えて比較しましたが(してないけど)、
そもそも実は根本的に撮影する必要があるのか、何を目的としているのかに立ち返ることが先決です。

撮影したい。はあったとしても、それを映像として残して必要はあるのか、
見返すのか、モトブログなど映像をどこかにアップロードするのか、それを趣味としたいのか。
様々考えたところ、結局人とのコミュニケーションにおける1つの手段として使われるのではないか。
というところに立ってしまったので。

持ってるミラーレスカメラで撮りたい時に取ればいいじゃん!!
という結論になりました。

他と被らず、新しいもの、面白いものがいいと言っておきながらマーカーされたところと全く逆の結論を述べています。

映像と写真ではそこから得られる情報は大きく違い、より体験的なのが映像、即物的、瞬間的なのが写真のように見えます。
しかし、結局それは見返した際に発生することで、現実問題動画を見返すことのない自分にとってはどんなように撮影しようと動画の時点で見返すことはないな。ということから結論が導かれました。

1〜3分程度の短い動画に編集したり、タイムラプスにして全体を見るのであればまだ動画を見返す可能性はありますが、全てをそのまま見返すのは時間の使い方としては、投資でも消費でもなく浪費なのです。
Youtuberなど見返しての編集が収入に繋がらる人は別でしょうが、現在編集時間がそのまま収入に比例するわけではないというのは残念ながら事実の一つです。
もちろんそれを事実とする要因は別にあるのですが。

ともかく、必要な情報を必要な時に見る、というのが記録の基本です。
撮ることが目的ではなく、見返すことが目的でもなく、記録したものを必要な時に見返すのが目的なので、見誤らないようにした結論です。

データベースと同じ。データの格納法が最も重要なのであって取り出し方や取り出した先はなんとでもなる。